自宅待機の仕事のデメリットについて

風俗の仕事には、店舗型と非店舗型がありますが、非店舗型のお店の場合、自宅で待機できます。
自宅待機はメリットもありますが、デメリットについても確認しておく必要があります。
ここでは、自宅待機できる仕事のデメリットを紹介します。

・給料が変動することが多い

自宅待機できる仕事ですが、店舗型のお店と比べて収入が変動しやすい特徴があります。
ソープランドのような店舗型であれば、お店にいれば他のお客さんを回してもらえるなど、収入を増やすことも可能です。
また、飛び入りで入ってくる、新規のお客さんの相手もできます。
しかし、自宅待機ではなかなかそうはいきません。
お店の指示によって動くだけですので、どうしても回転率が低くなってしまいます。
自分で営業する人もいますが、それなら店舗型のお店で働いた方が早いかもしれません。
このように、給料が変動しやすいのが特徴です。

・ストレスが溜まりやすい

店舗型の仕事の場合、お店では同じ仲間がたくさんいます。
ですので、休憩中などは、一緒にお喋りをしたり情報交換をしたりもできます。
また、仕事の悩みなども解決してもらえるかもしれません。
しかし、自宅待機のお仕事にはそのような仲間はいませんので、すべて自分で解決する必要があります。
また、小さいお子さんがいる方は育児などもありますので、余計にストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。
ちょっとした愚痴や悩みを相談できる相手がいれば、また違ってくるものです。
このように自宅待機が可能なお仕事は、ストレスが溜まりやすいので注意してください。

・自宅待機型のお仕事にはデメリットもあります

風俗の仕事には、店舗型と非店舗型があり、非店舗型は自宅待機も可能です。
しかし、自宅待機できる仕事にはデメリットもありますので、一度確認しておきましょう。

関連する記事